SUEHIROのこと

昨年、全国のウエディングプランナー仲間と、ウエディングプランナーのためのプラットフォームサービス「SUEHIRO」を立ち上げました。結婚式の仕事、みんながやりやすくなるように。 


どんな仕事もそうですが、人と人が関わる以上、何かを選び取ったり、判断していくことに正解が無い。マニュアルが、ある程度しか意味をなさない。終わった結果が正しかったという人もいるし、間違いだったと判断する人もいる。


 学生時代、そんなに勉強は好きではなかったけれど。 


 社会に出てから学ぶことっていずれ必要なことじゃなくて、いますぐ役立つことが多いから、身につけたことをすぐに反映できて、結果が見える。だから、学ぶことも楽しいんだなって思えるようになった。(学校でも、学びの意義を「将来役にたつから」って説明じゃなくて、「勉強は学生のうちだけのものでは無く一生続くもの。今は自分の好きなこと以外のことを学んでおきなさい。社会に出てからは好きなことだけ学んでいけば、誰よりも早くその道のプロフェッショナルになれる。」とか言ってくれれば、私の人生もう少し違ったんじゃないかって思う。心を動かす説明って大事です。)


ただ、社会人になってもストイックに学ぶって、とても大変なこと。 

時に早朝から夜中まで仕事をしているウエディングプランナーにとっては。 


そしていつの間にやら、仕事がルーティーンになって、面白みを感じなくなって、磨耗して、業界を去る後輩をたくさん見てきた。 


「責任も大きくて大変な仕事ですよね」 と声をかけていただくこともたくさんある。 

でも、実際、そんなでもない。私はね。


 もちろん、責任も大きいし、絶対ミスできないし(でもこれどんな仕事も一緒よね?)、時間と休みは不規則だし。だけど、大変ではない。逆に楽しい。 


 「好きなことしかやってないから」だと思っている。 

 遊びが仕事、とか言ったら誤解を招きそうですが、実際そんな感じ。 

心に余裕があれば、何年も何年も磨耗せずにウエディングプランナーを続けることができる。 


そういう「仕事大好き!楽しい!」を、無理せず、作り笑いじゃなくて、

ほわっとゆるっと言えるウエディングプランナーさんをたくさん育てたい。 

SUEHIROをそんな場所にしていきたい。 


 佐伯流人材育成は「個性を伸ばす」。  

規格に合わせて選別された、形も味も一緒の、美しく並ぶ大量生産の野菜じゃなくて。  


ひとつひとつ大きさも形も違う、ありのままの姿のウエディングプランナーを。  


個性的というのは、奇抜であることとイコールではないです。

 好きや得意を伸ばして、武器にできるということ。

 自分らしく、活き活きと。


 ちなみに、佐伯流ウエディングプランニングも「個性を伸ばす」。 


 ヒトやモノのいいところ、素敵なところを見つけて、そこを伸ばす、光を当てる。 (ウエディングの場合、それをコンセプトに落とし込む) 


好きなことしかやってないから、相手や場面が変わっても、やってることは全く同じ。 

つまり、素材の味を活かした、シンプルで楽しい人生を送っています。



 「SUEHIRO」について詳しくはコチラから。





ERISAEKIWedding

お二人らしさを引き出し、オンリーワンのウエディングをプランニングするフリーウエディングプランナー。会場選びから二人に寄り添い、人生の一部となる結婚の日をつくります。